睡眠サプリ メリット、デメリット

睡眠サプリのメリット、デメリットを知っておこう

睡眠サプリのメリット

  • 副作用のリスクはほとんどない
  • 睡眠薬より低価格で買える
  • 医師の診察や処方箋が必要ない

 

睡眠サプリのデメリット

  • 即効性がない
  • 効果が必ずあるわけではない

 

 

睡眠サプリメントのメリット

睡眠サプリメントのメリットですが、気軽に摂取できるところです。

 

サプリメントは健康食品の延長線上にあります。食物などに含まれている成分を抽出して配合している商品が大半なので、摂取して何かが起きるという心配はまずありません。睡眠薬になると、どうしても副作用などのリスクを検討する必要があります。

 

睡眠薬ですが、例えばなかなか寝付けないので毎日摂取するとなるとどうしてもコストもそれなりにかかってしまいます。

 

しかし睡眠サプリであれば、睡眠薬と比較するとかなりの低価格で販売されているものが多いです。

 

本格的な睡眠薬を購入するのであれば、医者の診察を受けて処方箋をもらわないといけません。一方睡眠サプリは医薬品ではないので、医者の処方箋なしでドラッグストアなどにてほしいときにいつでも購入できます。

 

 

睡眠サプリメントのデメリット

睡眠サプリについて誤解している人もいるようですが、飲んですぐに効果の現れるものではないです。

 

医薬品と違って即効性のない点はデメリットといえるでしょう。睡眠サプリは継続して摂取することで、徐々に効果が現れます。ですから即効性を期待して睡眠サプリを購入すると、期待外れに終わってしまう恐れが高いです。

 

睡眠薬は飲めば眠れるという即効性には優れています。

 

しかし睡眠薬はいわば一時しのぎのための薬ともいえなくはありません。睡眠サプリは体質などを変化させることで睡眠にいざなっていくのが目的です。

 

不眠症を抜本から変えたいと思っているのであれば、睡眠サプリを摂取した方がいいとなります。

 

トップページへもどる