イヌリン 効果

イヌリンを摂ると睡眠に効果がある?

イヌリンは睡眠サプリに配合されている成分です。睡眠に効果があるのかどうか調べてみましたがほかにも様々な効果があることがわかりましたので紹介します。

 

ダイエット効果がある

イヌリンは水溶性食物繊維の一つです。腸の蠕動運動の働きを良くしてくれるので、便秘解消はもちろんのこと、糖質ではあるものの体内に吸収されることはないためダイエットにも適している成分として注目されています。

 

食事をすると血糖値はあがりますが、それを抑制するためにインスリンという成分が分泌されます。インスリンは本来なら蓄積しなくてもいい糖や脂肪を蓄積してしまう働きがあるため、インスリンが大量に分泌されてしまうと脂肪もたまりやすくなってしまいます。ですが、イヌリンは摂取しても血糖に影響を与えることがほぼありません。なので、糖尿病患者にとっては特に治療に有効である成分だといえるのです。

 

便秘解消に役立つ

腸内の環境を整えてくれる効果があるのがイヌリンです。イヌリンは分解されるとフラグオリゴ糖となって働くようになります。人間の腸内には約100種類、100兆個以上と言われている腸内細菌が住み着いています。この中で善玉菌と悪玉菌のどちらが優位に立つのかを争っている状態が常に続いています。

 

腸内で善玉菌が優位になっていると腸の調子というのはとてもいいのですが、悪玉菌が優位になってしまうと便秘の状態が続いてしまう傾向にあります。イヌリンは腸内で善玉菌のエサとなってくれるので、腸内の善玉菌の量を増やして腸内環境を整えることができるのです。そのため、イヌリンは便秘の解消にも役立つ物質として注目されています。

 

積極的に取り入れることで便通が良くなるため、特に女性はイヌリンが重要であるといえます。

 

糖尿病の予防に

水に溶けるとゲル化するのがイヌリンの特徴です。胃から小腸へ食べ物を移動させるスピードを緩やかにしてくれます。その分、糖質が体内に吸収される速度も緩やかになるので、食後に急激に血糖値が上がってしまうことを防ぐことができます。

 

糖尿病というのは、血糖値を調節するためのインスリンが不足してしまうことで起こりますが、血糖値があがるスピードが緩やかになれば、インスリンがきちんと作用するようになります。昔に比べると、糖質や脂質の過剰摂取が現代人には多くなってきていると言われているため、糖尿病患者および糖尿病予備軍が増えています。水溶性食物繊維であるイヌリンが糖質を吸収するスピードを緩めてくれますから、インスリンが生産される機能に負担をかけません。ですので、イヌリンは糖尿病の予防に効果があるとされているのです。