クワンソウ 効果

クワンソウとは?驚きの睡眠効果など紹介

クワンソウとは

クワンソウとは、近畿よりも西にある地域、温暖な気候の地域に見られる中国原産のユリ科の一種です。沖縄では庭先だったり畑で栽培されていて、食用としても用いられることがあります。鮮やかなオレンジ色をしていてきれいな花を咲かせますが、秋に咲く花の一つでアキノワスレナグサという和名が付けられています。

 

クワンソウが近年注目されている理由の一つとしてあげられるのが、クワンソウを食べるとよく眠れるという古い言い伝えがあるからです。現在においても沖縄では栽培されており、葉を乾燥させてお茶として飲んだり、茎や花は食材となり、おひたしや味噌汁などに利用されます。歯ごたえがよくクセがないので大人から子どもまでおいしく食べることができると言われています。

 

クワンソウにはどんな効果がある?

クワンソウには、オキシピナタニンという成分が豊富に含まれていることがわかっています。この成分は、寝つきの悪さを改善したり、夜中におこる中途覚醒や朝早く目が覚めてしまうなどといった睡眠障害の悩みを解消する効果があります。睡眠薬とはまた違い自然界に存在している植物に含まれているので安心ですし、効き目も穏やかなのが特徴です。質の良い睡眠を誘発し入眠の改善や中途覚醒を抑制する効果があります。

 

その他にも、クワンソウによって質の高い睡眠を得られるようになれば、肉体的な疲労に改善にもつながるとされています。睡眠の質が高くなると細胞の代謝が正常に行われるようになります。そのため、成長ホルモンがしっかりと分泌されるので肌荒れなどのトラブルも改善される効果があります。ストレスも軽減できる効果、自律神経を正常に保つといったサポートもあるため、自律神経の調整がうまくいく効果もクワンソウには期待されています。

 

まとめ

一般的に知られているような植物ではないものの、このように、クワンソウは睡眠で何かしらの問題や悩みを抱えている人、疲れが取れない人におすすめです。薬に頼らずに睡眠の質を改善したいという方にはうってつけだといえるでしょう。

 

もちろん効果が現れるまでには、薬ではないので時間はかかるものの、自然の中に存在しているものなので副作用などが現れることもほとんどありません。クワンソウにまつわる研究も現在進められており、さらにクワンソウの注目が高まること間違いなしだと言えます。睡眠の質を改善したいという方は特に注目しておくといいでしょう。